2017/07/20

「ホームページ」一時休止します


みなさまこんにちは、多田です。
夏ですね。体調崩されていませんか?


さて、すずらん鞄のホームページがあったのですが(このブログのことではなくて、ホームページです)運営を一時休止させて頂くことに致しました。またしばらくしたら再開しますので、その際にはよろしくお願い致します。


再開の際は、ホームページのアドレスは新しくなります。

「www.suzurankaban.com」でブックマークして頂いている方は、削除願います。
今後このアドレスでは「すずらん鞄」の情報は一切表示されませんのでご注意下さい!


それに伴い、通販業務も一時休止させて頂きます。
お買い物頂ける場所は…、
・すずらん鞄工房(土・日のみ。予約制)
佐藤珈琲さん
器と雑貨 a s a さん
です。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願い致します。

このブログは今まで通りのんびりと更新して行きます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

それではまた。


ごきげんよう。

2017/07/15

麻地と革のショルダーバッグ



みなさまこんにちは。多田です。

暑いですね。
ガンコな冷え性の私ですら
汗だくになっちゃうくらい暑いです。
みなさまも、どうぞくれぐれも万全の対策を。

さて、麻布と革のコンビのバッグを作りました。

このバッグ、今までにも沢山のご注文を頂いて参りました。
本当にありがたいことです。



裏面にはスマートフォンが入るくらいのポケット。

裏地は深緑色、内ポケット大小計3室。




このバッグに使用している麻地は、なんだか本当に不思議です。

これは、あくまで私個人の感想なのですが、汚れが全然目立ちません。

季節を問わず、雨の日も雪の日も、もうかれこれ4〜5年くらい(もっと??)酷使したのもがここにあるのですが、不思議ときれいなのです。まあ、実際には深い汚れが染み付いているのでしょうが^^;ぱっと見では「??」という感じです。そして、毛羽立ったりせずに、むしろ麻が締まってツヤが増しています。使う程に良くなる麻という感じです。

実はこの布地は、以前『Lakura』の鳥居さんに特別にお譲りいただいたものなのです。遠方まで旅に出て、実際に織っているところを見て購入されたとのことでした。
そして、このバッグはこの麻地が無くなり次第一旦終了させて頂こうかと考えています。
残りあとわずか。

今回、このバッグの在庫(半製品)を一点ご用意致しました。
ご検討頂いていた方がいらっしゃいましたらぜひご連絡を下さいませ。

よろしくお願い致します。

*麻地と革のショルダーバッグ
価格:42,000円(+税)

この商品は、ただいま半製品の在庫がございます。
ご注文を頂き次第、ショルダーの長さを測らせて頂いて、残りの部分を仕上げてお渡し致します。ご注文から1〜2週間程お時間を頂きますことをご了承下さいませ。

〜お知らせ〜
諸事情により、7月23日の週より工房へお越し頂ける曜日を土日限定とさせて頂くことになりました。ご不便をおかけ致しますがよろしくお願い致します。


それではまた。


ごきげんよう。
・・・・・・・・・・・・・
すずらん鞄の商品(一部小物)は
お買い求め頂けます
・・・・・・・・・・・・・

食べ過ぎないように気をつけます。

2017/07/05

洋梨形バッグ白とグレー、『 a s a 』 さんでの販売



みなさまこんにちは、多田です。

久しぶりに洋梨形バッグを作りました。

薄手の気軽なサブバッグとしてなにかと便利です。
ちょっと個性的な形ですので、
もちろん、これをメインバッグにされても。

今回は、涼し気な白でお作りしました。
白に限り、ほんの少しだけ厚手の生地を使いました。
中が透けて見えないように…。
でも、決して固くはなく、相変わらずふわっと軽いバッグです。

持ち手はチョコ革です。




ボタンを留めて「洋梨形」になったところ。

持ち手はあるていどの長さがあるので、肩掛けもできますよ。




今回は、グレーの布地×キャメル革の持ち手もお作りしました。

それから、横に写っているのはキャメルのポーチです。


本日ご紹介した商品は、

『器と雑貨 a s a 』さんでも販売して頂いています。

空の上にぽっかり浮かんだような 『 a s a 』 さんの、
たっぷり光の射す店内に、有ったら良いなあ、
と思うお色味の商品を作ってお願いしてみました。

器好きのみなさまも、ぜひブログで営業日をご確認のうえ
『 a s a 』 さんへ。

それではまた。


ごきげんよう。
・・・・・・・・・・・・・
すずらん鞄の商品(一部小物)は
お買い求め頂けます
・・・・・・・・・・・・・

2017/06/30

革のブックカバー



みなさまこんにちは、多田です。

午後のまどろむような静けさ、
開けた窓からそよぐ風、
遠くで聴こえる子供たちの声。

これぞ夏、夏が来ました…!

夏と言えば読書、革のブックカバーの在庫を作りました。

その時々で読む本を入れ替えても、
または、個人的に思い入れのある特別な本の為にお使い頂いても。

十代の頃、こんな革のブックカバーをプレゼントしてくれる伯母さんが居たらなあ、なんて思いました。大人になるってなんだか楽しそうと思えるような、自由でちょっと変わり者の伯母さんです。そんな人が近くにいたら、受験勉強とか人間関係とか、色んな過ぎ去って行くことをもうちょっと気軽に見られたのかもしれません。

それは叶わぬ夢でしたが、それでは私がどなたかお若い友人に、そんなプレゼンをできる伯母さんになってみたいなあ、なんて新たな夢を描いています。

*革のブックカバー・キャメル

¥4,900円(+税)

この商品は、すずらん鞄工房と佐藤珈琲・宮の森店さんに在庫があります。

それでは本日はこの辺で。

また次回までごきげんよう。



お世話になって居る方に山椒の樹を頂きました。
山椒はとてもデリケートな植物で、
近くではヒソヒソ声でお話した方が良い位なのだそうです。
工房のショウルームに置いてありますので、
みなさま、どうぞお静かに…(?)


・・・・・・・・・・・・・
すずらん鞄の商品(一部小物)は
お買い求め頂けます
・・・・・・・・・・・・・

2017/06/25

革のまるいコースター



雨の札幌より、こんにちは。

革のまるいコースターを作りました。

革のコースターは、今までにも厚みのある革で、
かなりしっかりしたものを制作してきましたが、
今回の丸いバージョンはもうちょっと、
いいえ「すごーく」リラックスした感じです。

そして、価格もお手頃なのです。





少しガタガタした包丁目の、不均一な形。

ひとつひとつ私がフリーハンドで切り出しています。
抜き型で抜いたのではない、人の手を感じる形が、
私は好きです。

普段は、定規を使ってできるだけまっすぐに裁断することに
神経をぴりぴりさせていますが、こういう自由な感じの物も
いいなあと思うのです。

革の表情も部位によって違うのがまた楽しい。

どうぞ、工房で「オーディション」をして、
あなたのお気に入りを見つけて下さい。


・革の丸いコースター

チョコ、黒

各一枚:400円+税

あえてシンプルに、すずらんマークを付けていませんが、
ご希望の方にはお付け致します。お申し付け下さい。

よろしくお願いします。


それでは、また次回まで。

ごきげんよう。

*6、7月中に、工房へお越しの上お買い物(ご注文)を下さったお客さまには
移転記念としてささやかなプレゼントをご用意しています。
みなさまのお越しをお待ちしています。

・・・・・・・・・・・・・
すずらん鞄の商品(一部小物)は
お買い求め頂けます
・・・・・・・・・・・・・

2017/06/23

ハンドバッグ(310-OP)作りました



みなさまこんにちは、多田です。
ここ札幌は清々しい季節を迎えています。

おかげさまで、宮の森の新しい工房はとても快適です。
制作のために理想的なサイズ、動線の良さ、明るさ。
何でも、大きければいいという訳ではないのですね。
自分にとって、ちょうどいいことが大切なのですね。

さて、そんな私に「ちょうどいい」工房で、
うきうきと作った初めてのバッグ、
310-OP、通称「おかっぱちゃん」のご紹介です。

この写真では違いは分かりませんが、
全て仕様が異なる一点ものです。




まずは定番の、

アンティークゴールド色のファスナーにモスグリーンの裏地。

冠婚葬祭これお一つで、とお考えの方におすすめの、
落ち着いた配色です。もちろん普段使いにもどうぞ。

この写真では良く伝わりませんね。
ぜひ工房で現物を。





おつぎは、
真鍮色のファスナーにベージュの裏地。

少しだけ華やかな印象です。
パーティーや懇親会、等々、色んな場面で重宝するバッグです。
もちろん普段にも。




それからこちらは、ご依頼品で販売はしていないのですが、
鮮やかな青の裏地に真鍮色のファスナー。

ご依頼主さまのことを思い浮かべながら裏地を縫合しました。
かっこいいのです…!


今回は二点販売します。
どうぞよろしくお願いします。

*ハンドバッグ:310-OP

1. モスグリーンの裏地×アンティークゴールドファスナー
こちらの商品はただいま在庫がありません。ありがとうございました。

2. ベージュの裏地×真鍮色ファスナー(在庫一点あり)
価格:42,000円+税

ご希望の方はご連絡下さいませ。


*6、7月中に、工房へお越しの上お買い物(ご注文)を下さったお客さまには
移転記念としてささやかなプレゼントをご用意しています。
みなさまのお越しをお待ちしています。


それではまた。


ごきげんよう。

・・・・・・・・・・・・・
すずらん鞄の商品(一部小物)は
お買い求め頂けます
・・・・・・・・・・・・・

2017/06/17

工房へのご案内

みなさまこんにちは、多田です。

本日は、すずらん鞄の工房への道順をご案内します。
ちょっとむずかしいかもしれませんが、一旦分かると簡単です。

・最寄り駅は地下鉄東西線「西28丁目駅」
・ごく普通の一戸建てです
・看板は出ていません
・壁の色は黄緑色です
・「ジャンボ公園」の隣りです

1. 「西28丁目駅」1番出口。
地上に出たところで右に(西の方向に)歩き始めます。
(2番出口からでも。その場合は、横断歩道を渡って進行方向右側を歩いて下さい)


「目標物」が見えるまで、ひたすら歩きます。
途中でドーナツの誘惑がありますが、ぐっとこらえて下さい。


2. これが「目標物」です!

ここを、右に曲がります。
    ↓
道なりに歩いて下さい。
    ↓
右手に煉瓦色のマンションが見えてきます。
    ↓
そのマンションが終わったところで、
一戸建てのお宅が並ぶゾーンがあります。
    ↓
水色の壁のお宅が見えたましら、その奥を見ると…



さあ、辿り着きました!

この黄緑色のお家が
すずらん鞄の工房です!


玄関フードの中のに白いポストがあります。
西11丁目から一緒に越してきました。

お気軽にチャイムをならして下さい。


・どうしても迷ってしまった時には、
「ジャンボ公園」からお電話を下さい。
お迎えにあがります。


*お越しの際はお手数ですが事前にご連絡下さいませ。
13時〜18時ころの時間帯でお願いします。

*お車でお越しの際はコインパーキングのご利用をお願いします。


お気づきの方も多いと思いますが、なんとこの場所は、
お世話になっている『佐藤珈琲』さんのすぐ近くなのです。

素敵な喫茶店やお店などの多いうきうき胸躍る界隈です。

みなさま、ぜひ工房に遊びにいらして下さいね。

お待ちしています。


それでは、本日はこの辺で。

ごきげんよう。

2017/06/16

宮の森からこんにちは



こんにちは、多田です。
お元気でいらっしゃいましたか。

おかげさまで無事に引っ越しが終わりました。
これからは、ここ、宮の森の工房で
制作活動を続けることになりました。

明るくて、ちょうど良いサイズの
快適な工房になりました。

革の様子をお手に触れてみたい方、
サンプルをご覧になりたい方、
商品の生まれる場所を見てみたい方など、
ぜひお気軽にご連絡を下さい。

今度は、閑静な住宅街のごく普通の一軒家で、
看板も出ていませんので、
辿り着くのは少し難しいかもしれません。

道順は、次回の更新でお伝え致します。


いずれにしても、新しい工房は始動し初めました。

みなさま、これからも、
すずらん鞄をどうぞよろしくお願い致します。

2017/05/31

ありがとうございました

みなさまこんにちは、多田です。

昨日、5月30日をもちまして、

北3条西11丁目の工房での活動を終了させて頂きました。

この6年の間に訪れて下さったみなさま、

また、お世話になった全ての方々に心から感謝致します。

長い年月を経たこの古民家、

「いままで長い間、ほんとうにごくろうさま。ありがとう」

という気持ちです。


今後の活動については、ホームページや、

このブログで随時お知らせ致します。

これからも、どうぞよろしくお願い致します。

2017/05/29

最後の営業日です

-  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  - 
30日(火)は、この工房の最後の営業日です。

営業時間を13時〜19時と延長致します

みなさまのお越しをお待ちしています。

*小さなお礼の品をご用意しています。
-  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -